星野源さんのこの歌が好き。「くだらないの中に」には、懐の深い愛がありました

この記事は、以前更新していたブログを再度加筆、訂正して掲載しています。

以前のブログに載せたのが2015年、今から3年前のことです。
娘のお嬢さんが5歳、息子の坊くんが2歳のときのこと。

昔の記事を読むのってとても恥ずかしいのでほとんど読み返したりはしないのですが、これは私にとってなんというか…死ぬまでずっと大切にしたいことが、いっぱいつまっている気がしました。

2015年の星野源さんはというと、ちょうどアミューズに移籍した年でもあり、インスタバンドのSAKEROCKが解散していよいよ本格的にブレイクする寸前でしたね。

あれからも沢山星野源さんの歌は聞いていますが、わたしの中ではこの「くだらないの中に」がいまだに1番好きな歌です。

今はもうないヤマダ電機で星野源のPVを見た

星野源さんを知ったのは、いまから2年ほど前でしょうか(つまり5年前ですね)。

ヤマダ電機をなんとなくふらふらしていたら、テレビの画面いっぱいにゾンビ?だかなんだか、なにやら怪しげなPVが映っていて、でもゾンビなんだけどどこか牧歌的な映像に思わず足を止めるわたくしと旦那さん。

そのうち、PVはかなりシュールなんだけど、その歌声、音楽性に

「なんだこの人?!」

と衝撃を受けました。

旦那さんと二人していっぺんに惹き込まれてしまい、けっきょくその歌が終わってもしばらく見続けてしまいました。

それが「フィルム」という曲、そして星野源さんとの出会いでした。

でも実は、そのずっと前に出会っていたことが判明したんですけども。

Eテレの「みいつけた!」という番組、あの番組のなかの

「なんかいっすー」
「いすの応援団」

の作曲が星野源さんです。あのみのすけが中本工事みたいな格好でおどるやつ。みのすけ最高。

ー追記ーーーー

みのすけさんではなく、ナイロン100%の三宅弘城でした。みのすけさんを三宅弘城さんと勘違い。

あと、それ以前にもドラマ『タイガー&ドラゴン』で下っ端の落語家役で出ていた。
さらに『ゲゲゲの女房』での弟役。
全部見てるのに星野源の印象がほとんどない。ゲゲゲの弟はみなみはるおの息子だと思っていました。

ー追記終わりーーー

で、みのすけさんにはますます頑張っていただくとして、アルバム『エピソード』のなかに、「くだらないの中に」という曲があるんです。

この曲本当に名曲なので言わずもがななのですが、まあわしも大好きな曲なのでなんか言わせてください。

とにかく歌詞がめちゃくちゃすばらしい。この歌詞に出会えただけで日本に生まれてよかったってもんだ。

冒頭の歌詞がまたなんとも…。「愛」を純粋にそのまま詩にしたようなものなんです。

 

髪の毛の匂いを嗅ぎあって くさいなあってふざけあったり

くだらないの中に 愛が 人は笑うように生きる

 

この歌詞が、身体のなかにすうっと染みこんできて、思わず涙してしまいました。

あまりにも分かりすぎる、この感じ。
そうそう、愛するって、愛されるってこういうことなんだよなぁ。

言葉に出来ないことを、この人は言葉にしてしまっている。
奇跡のような1曲だとわたしは勝手に賞賛の嵐を贈っています。星野源、すげええええ!!

お嬢さんと「くだらないの中に」

うちのお嬢さんが5歳(のときの)ことです。

最近よく、

 

ママ、お腹がぶよぶよしてて気持ちいい

顔のボツボツ(そばかすのことです)、わたしも大人になったら出てくるの?

ママの脇の匂い、焼き鳥みたいだね(なんと!!)

ママ、痩せないでね、ずっとこふと(小太)のデブのママでいてね

 

なんて言ってくるんです。

ん?と思いませんか。お腹がぶよぶよ?顔のボツボツ?焼き鳥・・・?(ショック!!)

なんか、字面だけみるとケンカ売ってる?って思いそうですけど(笑)。

実際に気にしてることをズバズバ言われるのでちょっとあらら、という気もしたのですが、もちろんケンカを売りたいわけじゃないんです。

わしがコンプレックスに感じていることすらお嬢さんにとっては「大好きなママ」なんです。
そんなちっぽけなコンプレックスを含めて「ママ」なんですね。

むしろ、それじゃないとママじゃない、と言うのです。

だから、わしが気まぐれに

「いまダイエットしてるから、おやつは食べないようにしよう」

なんて言うと、本気で泣きそうになって

「ダメ!!痩せないで!痩せたらママらしくない!!」

と訴えてきます。まあ痩せられないんですけどね。

 

子どもたちは、この小さな身体の中に無限の愛情があふれています。

子どもたちがくれる純粋な愛情に、この「くだらないの中に」の曲が重なって、わしはすごく幸せだなぁ、と思いました。

「愛」という言葉を使わない、究極の愛の歌

人を純粋に愛するって、顔がかわいいからとかスタイルがいいとか、給料がいいとか、そんなことどうでもよくなっちゃって。
たとえ禿げようが太ろうが、足が臭かろうが、その人がその人でいてくれるだけでいいことなんです。

だから、お互いの髪の毛の匂いが嗅げるし、それで匂いが臭くっても笑いあえる。

そこにとっても懐の深い、あったかい愛がある。

そのことを、星野源さんは「歌」という形にして、目に耳に触れられるようにしてくれました。

星野源さん、あんたすごいよ。

LIFEなんかで見てたら、ただのちょっと性格がめんどくさそうな兄ちゃんにしか見えないのに(ひどい)。
こんなすばらしい才能があって、しかもそれをいかんなく発揮してくれてるなんて…。

なんかうろ覚えなんですけど、星野さん本人がこの「くだらないの中に」のことを

「愛してるって言わないで、その気持ちが伝わるラブソングです」

と仰ってるそうですね。
本当にそう、愛してるなんて言わなくても、本当に伝わってしまうもんなんですよね。

ブログを書いてから3年後の「くだらないの中に」

もとのブログを書いてからの3年。
以前よりもずっとずっと、くだらないことを楽しめている自分がいます。

むしろ、くだらないことに涙が出るくらい愛を感じる。幸せを感じています。

ちょっと話がずれますが、3年前って、

「どうにかしてなんとかしなきゃ、とにかくブログでお金を稼がないと」

と必死だった気がします。子どもももっと小さかったし。

だからこそ、この「くだらないの中に」がその当時の自分に刺さったのだと思うし、大切な歌になったんだと思うんです。

ああ、こんな日常を大切にしないとな、という意味にも感じたんですよね。

いまはもっとなんていうか、しみじみ実感として、ああ、嬉しい今日だなぁと感じられる日常があります。
別にブログで潤ったとか全然なんですけどね(笑)。

金銭的にはほとんど状況は変わっていないのですが、わたくしの気持ち、心の持ちようがだいぶ変わりました。

そのひとつには、子どもたちが成長したことが大きいです。

以前のブログを読み返してみると、よくこんな状況でブログとか出来たなぁ、と自分で感心するくらい、張り詰めていました。

読み返すと、恥ずかしいけど懐かしくて切なくて、涙がこぼれそうです。自分、頑張ったなぁ。

そして、思い返してみれば、生まれたときからくだらない愛に囲まれて生きてきたんだ、と気が付くことが出来ました。

特に、結婚してから、わたしはくだらない中の愛に守られてきたのだな、と思います。

そしてそれは、子どもたちにも確実に伝わっていると感じます。
優しくて、かわいくて、ちょっと大きくなった子どもたち。

今はもう小太とは言わなくなったけど、それでも

太ってるママが好きだよ!お尻もぼよぼよでかわいい!

と言ってくれます…(涙)。坊は眼鏡かけるとおばさんだからやめて!とも。

星野源さんの歌、最近のもとても好きだけど、やっぱりこの「くだらないの中に」が1番特別ですね。

子育てで1番不安定なときに支えてくれた、大切な歌。
感謝してもしきれないくらい、感謝しています。